2017年7月28日金曜日

まほろばを感じさせる奈良・藤原宮跡の蓮


中国の都城制を模して造られ、平城京や平安京をしのぐ古代の最初の都、藤原京。

この藤原京の中心施設である藤原宮跡の広大な敷地の一角に植えられた菜の花やコスモス、キバナコスモス、ハスなど色とりどりの花が季節ごとに咲き誇っています。

この藤原宮跡からは大和三山の絶好の眺望スポットでもあることから、暑いさなかにもかかわらず、地元の人やハイカーなどが訪れ楽しんでいる姿がありました。


広大な敷地の藤原宮跡・・・ここから数百m先の一角に蓮が咲いています



無数の蓮が咲き、その後方には天香久山が見えます



透き通るような清らかな瑞々しさに溢れています



蓮の西側には早咲き?のコスモスも


近くに無料の駐車場もあり、気楽に行けるのもいいですね。

2017年5月5日金曜日

奈良少年刑務所が観光スポットに


近鉄奈良駅から約3km北西の方角に、明治時代に建てられた赤煉瓦の立派な建物があります。
また近くにはコスモスで有名な般若寺もあり、散策コースとして見学している姿が多く見られます。


この建物、明治41年に建造されたそうで、少年刑務所と聞かなければ、どこかのテーマパークかと見間違えるような雰囲気のある立派な建物です。

当方奈良市に住んで長年経ちますが、この刑務所がこれほど立派とは知りませんでした。

この建物には鉄製の門扉がついていますが、ここから内部を覗いてみますと、綺麗に手入れされた庭と本館と思われる建物が観られました。


近年この刑務所が廃止されるそうですが、この美しい建物を残したいとの要望が多いことから、ホテルに改造して建物を残す案がでているようです。

このような話が出てきているのを聞いた人たちが、今のうちに見ておきたいとの心理が働き、今では隠れた観光スポット化しているものと思われます。

2017年1月1日日曜日

若冲の鶏

新年おめでとうございます。

江戸時代に活躍した絵師・伊藤若冲。

昨年生誕300年ということで
展示会やTVでも多く紹介されました。

酉年の新年にちなみ
鶏を得意としていた若冲の作品の中で
隠元豆の枝下に仲睦まじく寄り添う鶏を描いた「豆花双鶏図」を参考に
少し構図を変えて
水彩画で描いてみました。